フィナステリドの効果とは?

フィナステリドの効果

調べていて驚いたのが、フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために最初(1990年代)利用されていたそうです。

 

しかし、研究の段階でAGAにも効果があるということがわかり、2005年末にフィナステリドが含まれているプロペシアが販売されるようになったわけです。

 

そもそも、5αリダクターゼも頭皮だけでなく、金玉にも存在するために、AGAと同じくテストステロンが減少することで「前立腺肥大症や前立腺がん」が発生しやすくなるそうです。

 

フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制する働きがあり、結果としてAGAの予防ができるというメカニズムがわかっています。

 

フィナステリドは内服薬で、毎日決まった量(1mg)を服用します。3〜6ヶ月で効果が得られるとされますが、3年間の使用により抜け毛の進行が止まった人が98%だったそうです。この実験データは海外や国内の万能製薬社も発表していますね。