まじめな人ほど薄毛になりやすい?

ストレスを溜め込みすぎることがひとつの要因

男性の薄毛の原因としてAGAが大きな要因とされていますが、その他にストレスが原因でスゲに悩まされる人もいます。

 

むしろ、AGAが原因で薄毛になり、その薄毛がストレスと感じ、より抜け毛が増えてしまうケースも十分にあります。そのために、できることなら日常の生活の中でストレスは予防したいものです。

 

 

そもそもどうして「ストレスと薄毛」が関係するかというと、自律神経の乱れです。

 

日常生活の中で、自分の思うどおりに進んでいたら、ストレスなど起こりませんが、そんなにうまくいくことはありません。頭のなかで考えていることとは違うことが起こることで、コントロールができなくなり、バランスを崩しストレスが起こります。

 

ただし、人間は適度な緊張感や刺激を持つことは必要で、多少のストレスも生活のかてになるために必要とされていますが、問題になるのが過剰なストレスです。

 

毎日のようにイライラしたり、心配事が続くことで、過剰なストレスを受けてしまい、自律神経のバランスが悪くなってしまいます。

 

自律神経は、生命維持のためには必要不可欠で、自らが意識しないでも、自然に体の機能を調整するように動いてくれています。

 

しかし、過剰なストレスを毎日のように受けていることで、自律神経にそなわっている「交感神経、副交感神経」のバランスが崩れてしまい、意欲的にブレーキが掛かります。

 

そのなかで、血管を拡張に導く副交感神経の働きが低下すると、慢性的な血液循環の不良につながり、髪の毛にも栄養が行きわたらなくなり、、結果的に髪の毛が抜けやすくなります。

 

そこで、自律神経を正常に保つためにも、普段の生活の中でストレスを出来るだけ貯めないことが重要になります。

 

仕事に対してまじめな人ほどストレスをためやすいと言われているために、集中するときは集中をし、気を抜くときは存分に力を抜くなど、メリハリを付けた生活をすることが大切になると思います。