塗るタイプ、服用するタイプのミノキシジル

ミノキシジルの副作用について

育毛や発毛効果のあるミノキシジルですが、その他の作用として副作用が起こる可能性もあるために、利用する前には十分に注意をしておくこと。

 

 

塗るタイプのミノキシジル剤の副作用として起こりやすい副作用が頭皮の「かゆみ、かぶれ、炎症」。

 

これはミノキシジル製剤に含剤に非作用成分のプロピレングリコールに対するアレルギー症状が起こるために、副作用が発症すると言われています。

 

 

プロピレングリコールは医薬品や化粧品など多く使われ、「保湿、防カビ」の役割のために利用されているとのこと。

 

基本的にプロピレングリコールは、低用量で毒性が低いために副作用は起こりにくいと言われているのですが、長期間にわたりミノキシジル配合の育毛剤や医薬品を利用することで副作用が起こることがあるそうです。

 

 

副作用が強く現れた場合は、一時中断し様子を見ること。
もしも、頭皮に痒みやかぶれが出た場合や元々皮膚が弱いと自覚しているのであれば、低アレルギーのグリセリンを基材成分としている製品に切り替えてみるのも一つの方法。

 

 

それから、AGA治療に有効な服用タイプのミノキシジルの場合はプロピレングリコールに関連する副作用のほか「ニキビ、吹き出物、多毛症、、思い低血圧、動悸、赤ら顔」などが起こると言われています。

 

症状の度合いによりますが、ミノキシジルの容量が高ければ高いほど、その分の作用が強くなるために、血液の循環や臓器にも影響が起こるために、副作用が起こりやすくなる。

 

 

服用タイプのミノキシジルはたしかに効果は期待できますが、その分の副作用も起こりやすいために、十分に理解した上で服用することが重要になります。